資金繰り改善・総務・リスケジュール・経営・セミナー・助成金 中小企業をを支援する 経営者のためのポータルサイト

株式会社ブイキューブ

マーケティング本部 広報担当 大鳥 由紀子 さん

早稲田大学卒業後、大手SIerでシステムエンジニア、広報・人事などを経て、2012年9月に広報担当として、株式会社ブイキューブ入社。メディアリレーション、コーポレート広報などを手掛ける。

「いつでも」「どこでも」「だれでも」手軽に使えるWeb会議サービス その利便性と機能の高さが評価され、業界5年連続シェアNO.1を達成

こんな事業をしています!

事業概要

ビジュアルコミュニケーションツールの企画・開発・販売・運用・保守
企業などへのビジュアルコミュニケーションサービスの提供

特徴/実績

Web会議のクラウド市場で5年連続シェアNo.1

2012年3月に発表された株式会社シード・プランニングによるWeb会議市場調査結果において、5年連続シェアNO.1を達成。さらに日経BP社「第6回 クラウドランキング」ベストサービス選出、フロスト&サリバン社 「2012年ウェブ会議 日本市場シェアリーダーシップ賞」受賞、Red Herring社 「Red Herring Global 100」受賞など、さまざまな企業・団体から高い評価を受ける。納入実績も大企業からベンチャー企業まで幅広く、既に3,000社を超える。

シェアNO.1の秘訣は、「3つの不要と3つの可能」

インストール、面倒な設定、アップデート作業が要らない「3つの不要」。パソコンだけでなくタブレットなど、どんな機器でも、世界中で利用でき、カスタマイズもできるの「3つの可能」が顧客からの高い支持の要因。Web会議用URLを開くだけですぐに会議サービスの画面が立ち上がり、面倒な事前準備などは一切必要としない利便性と直感的に操作が可能なインターフェースが評価される。

風土・こだわり

日本型「見えるコミュニケーション」に徹底してこだわる

コミュニケーションの多くは、話しぶり、動作、ジェスチャー、顔の表情など、言葉や文章では補いきれない視覚的な情報に左右される部分が多い。その実感値をどう反映するか。「会う」リアリティをどうインターネット上で再現するかを、ビジネスの哲学におき、事業発想の原点としている。

まずは社内からコミュニケーション活性化を図る

バースデーディナーをはじめ、社長と社員が会って話す場を積極的に用意。また週1回のテレワークが認められており、自社サービスを活用して自宅などから会議に参加ということもよくあるなど、文化として仕組みとして、社内コミュニケーションを非常に大事にしている。