資金繰り改善・総務・リスケジュール・経営・セミナー・助成金 中小企業をを支援する 経営者のためのポータルサイト

疲れがたまって、能率ダウンしていませんか?~疲労を回復させる12の秘訣~

【第10回】 ストレス撃退!!能率アップの秘訣~能率をアップさせる食材とは?~

皆様、こんにちは(*^_^*)

「体の内から美しく」インナービューティープランナー、管理栄養士木下あおいです。

先日、「東京ベジフードフェスタ2011」というイベントが行われ、私も著書『東京ダイエットグルメ』の販売会・トークショーをおこなってきました。みわたす限り、ヒト、ヒト。おかげさまで本の販売も行列ができるほどの大盛況におえることができました。

このイベントは、年々、動員者数が多くなっているそうで。「食と野菜」への意識の高まりを改めて実感することができました。単に健康のためではなく、「おいしくてかつ健康」というのも魅力のひとつなのでしょう。すでに米国栄養士会からは「適切に準備されたベジタリアン食は健康的であり、必要な栄養素をみたしており、特定の疾患の予防や治療にも有効である。」という発表がでています。これからますます植物性の食事に、注目があつまっていくのではないでしょうか?

さて、本日お伝えする内容は
「能率アップの秘訣~能率をアップさせる食材とは?~」ということでみていきましょう。
能率=一定時間にすることのできる仕事の割合。

能率をアップさせる背景にはいろいろな要因がありますが管理栄養士の立場からみると、「心身の健康」を左右する「食事」もその一つです。「モチベーション」が高い。「やる気がある」「なんだかわくわくする」このような精神状態をつくる「食事」が大切です。

では、どういった食事が望ましいでしょうか?

からだの中で「幸福感」を生み出す物質、「セロトニン」を作る材料となる「食材」を摂取することが大切です。セロトニンは体内でアミノ酸の一種からつくられる脳の神経伝達物質で、「幸福感」に関係していると言われています。セロトニンのおかげで、気分が安定し、穏やかな気持ちになり、わくわくしてきます。逆にセロトニンが少ないと、気分が落ち込んでしまいます。

専門家ご紹介

インナービューティプランナー 木下 碧唯 さん

管理栄養士、野菜ソムリエ等の資格をもち、女性の内側からの美を追求し、情報発信するインナービューティープランナーとして活躍。自ら作る玄米菜彩美食を提供する女子会交流会の運営、各種WEBマガジンや雑誌にてコラムの執筆、食育ラジオパーソナリティー、農業映画のプロデュース、食育イベント講師など「インナービューティー」に関わる多方面にて活動を展開中。

今回の掲載にあたって

毎日の生活に疲れを感じていませんか?何だかやるきがおきないことはありませんか?
現代のストレス社会において、心身の疲れを、多くの方が感じているでしょう。長時間労働による肉体的な疲れ、人間関係による精神的な疲れ、栄養バランスの乱れによる疲れ、様々な要因がありますが、疲れをためずに、または、疲れを解消する術を知っている人と知らない人とでは、仕事に対しての能率の違いもでてくるのではないでしょうか?
元気と環境は自分で作る。食から始まる「疲れ」の効力法をお伝えしていきます。

h2タイトルが入ります

今週の一冊
(説明文章が入ります)
今週の言葉
(説明文章が入ります)
タイトルが入ります
(説明文章が入ります)
タイトルが入ります
(説明文章が入ります)